スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品松乃江のサバ!

▶ お魚
松乃江 絶品サバ

【GSD-80】源熟(R)旨塩さば(8切入)

こだわり品質のサバ

松乃江のお魚マップ

松乃江の人気商品である「源熟®旨塩サバ」「ふっくら焼き・しっとり煮・さば味噌煮」などの原料となっている魚はノルウェーのサバを使用しています。何故ノルウェーのサバを選んでいるのかと言うと、脂がのっていて焼いたあと冷めても身がばさつかずしっとりとして美味しいと言われてます。特に松乃江で使用しているサバは脂肪分25~30%と脂のりも良く、かつ身にも浸透していわゆる「霜降り」状態になっている最高級のサバです。

また、ノルウェーサバの漁方には主に3つの漁方があり、2隻の船を使い網で追い込むことで短時間でサバを港にあげ鮮度を保つことが出来る大型まき網船、沿岸小型船での釣りサバ、一つの船で網を引きサバを獲りながら運ぶトロール船になります。

旨塩サバは皮はパリッと身はふっくら、口に入れると脂がジュワッと広がる絶品の一品です。旨しめサバは岡山県産老舗のマンネン酢特製の氷温純米酢と素材の味を引き出すためのかつおと昆布出汁を独自ブレンドした調味料を使用したこだわりの逸品です。

50年の歴史の中で培われた旨さ

三代に渡って受け継がれている食に対する思いと経験を満足することなく味の研究を続けており長年の研究の結果、マイナス温度帯技術とプラス温度帯でじっくり熟成を加えた源熟®の技術です。

マイナス温度帯技術とは、素材が凍る一歩手前の温度の一番美味しい状態を保つ技術のことです。食品は0℃で凍るのではなく更に低い温度や食品それぞれが持つ氷結点で凍り、細胞は凍るまいとアミノ酸や糖を増加させ旨味成分となります。

プラス温度帯とは、調味料を染み込ませ熟成をさせるための温度帯のことで更に魚は美味しくなっていきます。調味料に漬け込む時間・量などは魚の種類や身の大きさによって異なりますが、松乃江は長年の経験で培われています。

そして、調味料も熟成大きな決め手であり塩はミネラルたっぷりの天日塩、味噌は添加物などが入っていない国産米を原料とした信州味噌、お酢はままかりの酢で知られる岡山県の老舗で松乃江専用にブレンドしてもらっている酢を使用しています。

こだわり続ける素材選び

松乃江がある鳥取県米子市の隣町境港で毎日新鮮な魚の仕入れが始まります。古くから漁師町として栄えた境港は日本海に面し、山陰の肥沃な大自然のもとマグロとズワイガニの漁獲量日本一の実績を持つ日本有数の漁港として知られています。そんな環境のもと松乃江の誇るこの道40年の目利きの達人が境港の全食材を仕入れています。松乃江が質を保てる秘訣は、なによりも達人の長年の経験から得た確固たる目利きの知識と漁港の人々との信頼関係から成り立っています。

松乃江の原点と想い

松乃江の原点

昔ながらのものを大切にしつつ未来を見据えて食の交流を提供したいと考え50年。家族で手売りで干物を売っていた創業当初、日々の暮らしの中で感じさせられたものは、「美味しいものが時間が経つにつれ味が変わってしまうもったいなさ」「海の状態により変化する食卓」。安定した食の提供を実現するため、そんな思いが長年の研究と培われた経験である“源熟”に込められています。

昭和30年代、魚市場には氷や冷蔵庫が少なく「漁師さんが命を懸けて獲った魚を無駄にしたくない」この思いがダイマツの創業となりました。新参者で信用もなかった中、商品を買ってくれたお客様に「あんちゃん美味かった」と声をかけてくれた気持ちを生涯忘れずに取り組んでいきます。

サバがお好きな方は、是非食べてみて下さい!!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆



【GSD-80】源熟(R)旨塩さば(8切入)

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松乃江(まつのえ)山陰よりお届け。 レンジまたは湯煎で温めるだけ、簡単おかず(焼き魚・煮魚)の通販サイト
松乃江(まつのえ)山陰よりお届け。レンジまたは湯煎で温めるだけ、簡単おかず(焼き魚・煮魚)の通販サイト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました