スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品五代庵の梅干し!

▶ その他
紀州南高梅 絶品梅干し

紀州南高梅とは



昭和20年代に誕生した南高梅は、和歌山県日高郡みなべ町で殆どゆるやかな丘陵地帯で占められています。「南高梅」と命名されたのは昭和40年代に入ってからですが、たった1本の母樹から接木で増やされ町内に広められました。同じ南高梅同士だと交配せず実を結ぶことが出来ないため、受粉をミツバチに託します。梅畑のあちこちに置かれた蜂箱へ蜜を運ぶミツバチが花から花へ飛び回りながら受粉を行うのが2月下旬で、その後梅の花が散る頃に小さな梅の実がぶら下がります。5月頃までに暖かい日差しを浴びて梅の実が成長し、6月になると大きく育った梅の実がその重さで垂れ下がるようになり収穫になります。

卓球のピンポン玉くらいの大きさの梅の実は、少し力を入れると果肉に指がめり込んでしまうような柔らかさで皮が薄いというのが南高梅の特徴です。

熟練の職人による選別から検査まで

五代庵は紀州産南高梅のA級品で作られています。(A級品とは、皮肌は適度に柔らかく粒揃いの良好なもので、等級基準では最高級です。)それには品質の高い原料梅干を仕入れる事が大事で、五代庵の原料部門の選別の見極めは梅干業界の中でも一目置かれています。洗浄は紀州備長炭できれいに漏過された清水を使用しており、ここでも皮破れや形の悪いものは選別されます。漬け込みはこだわりの減塩製法を用いて、30年使い続けている漬け液の中で直接塩を抜く脱塩方法です。梅本来の味を損なわず濃厚な梅のエキスを存分に吸い込ませます。漬け込み30日後に品質管理室で調味料と梅干しの成分・官能・菌検査を実施します。(官能検査とは、検査員3名が梅干しの外観・色調・風味に異常がないか試食して確認する事を言います。)検査をクリアした梅干しは最終5度目の選抜を行い、薄皮が破れやすいA級梅干しのパック詰めは機械ではなく全て手作業で行います。

五代庵のこだわり

「忙しい人」がとても多くなった時代、食卓にいくら高級食材を使っていても家族が作る普段の料理の方が美味しく感じるのは作り手の顔が見えているからです。梅干しも同じで、五代庵では紀州産完熟南高梅を一つひとつ大切に漬け込み熟成させた五代庵を代表する梅干しです。漬け込みの職人達が毎日梅と向き合い、こだわりの製法を頑なに守っています。漬け込む作業に何倍もの時間がかかったとしても全ては「種まで美味しい」と言ってもらえる言葉が明日への活力になっているからです。

梅干しがお好きな方は、是非食べてみて下さい!!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆




紀州梅干し 6種類お試し 紀州梅専門店 五代庵の梅干が各60g入って【送料無料】



東農園 五代庵 紀州五代梅 心16粒入

★公式サイトはこちらから★

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
紀州梅専門店 五代庵のこだわりの梅干
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

最近テレビや雑誌で話題の梅干をご存じですか?
多数ご紹介いただいたこだわりぬいた梅干は、梅干の濃厚な味にビックリします。
お客様からのお声も大変好評でこれを食べたら他の梅干は食べれないなど嬉しい
お言葉を頂いております。是非梅干しが苦手なお客様も一度お試し下さい。

創業170年★TVでも紹介された五代庵の梅干し★

コメント

タイトルとURLをコピーしました