スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品山東の水餃子!

▶ その他
山東 絶品水餃子

餃子の歴史

img

餃子とは小麦粉を原料とした皮で、肉・エビ・野菜などで作った餡を包んで、茹でる・焼く・蒸す・揚げるなど調理した食べ物で、調理方法によって水餃子・焼き餃子・蒸し餃子・揚げ餃子などと呼ばれます。餃子の歴史はとても古く、中国の春秋時代(紀元前6世紀頃)に山東省で誕生したとされています。中国では水餃子が主流であり、焼き餃子は水餃子に比べると数はかなり少ないです。また、中国では餃子は主食として食べられることが一般的であり、日本のように「おかず」としては食べません。

山東こだわりの水餃子


山東の水餃子は全ての具材にこだわっており、お肉は厳選した鹿児島もち豚を使用しています。鹿児島もち豚は飼料と品種にこだわった三元豚で、柔らかく肉質が良いのが特徴で上質な豚肉は水餃子を食べたときにジワッと肉汁が溢れ出てきます。豚肉の旨味を引き立てるニラは、こだわりの厳選したニラを使用し、歯ごたえが良く噛むたびに豊かな香りが口いっぱいに広がります。お店で手作りのモチモチの皮は、一つひとつ職人が練っては捏ねを繰り返して出来た皮でモチモチとした食感を生み出します。山東でしか味わえない特製のタレは、秘伝のタレでココナッツの実が入って香ばしくピリ辛で、老若男女問わず好評です。

30年の歴史を持つ中国家庭料理店

img

1985年1月、横浜の中華街に店を構えて中国家庭料理の味を日本に届けるべく山東の歴史は始まりました。当時は従業員も少なく疲労困憊の忙しい日々が続きましたが、開店当初の少ないメニューでも客の「美味しい」と言って食べてくれる日本の優しい姿に支えられて、「全てはお客様の為に」「自宅のようにくつろげる店を」そんな想いで身体を動かす原動力になっています。

山東では、旅行情報サイトの最大手Trip Advisorよりユーザー評価4つ星を頂いてます。Trip Advisorは2011年以降、口コミで継続して高評価を得た施設(レストラン・ホテル・観光施設等)に対して、「エクセレンス認証」と呼ばれるアワード(表彰)を毎年行っており、山東は2015年と2018年に受賞しています。

更に、ミシュランに家庭料理「山東」が初掲載されました。世界23ヵ国で発行されているレストランや宿泊の格付け本「ミシュランガイド」は、日本でも2007年に初めて東京版が出て横浜のレストランも2010年から対象とされてきましたが、2015年5月に発行された「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」で初めて中華街から選ばれました。3500円以下で上質な料理を提供する「ビブグルマン」のカテゴリーでの選出です。

水餃子がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆



横浜中華街 中国家庭料理 山東 水餃子 特製ココナッツだれ付 (通常, 20個セット)

★公式サイトはこちらから★

中国家庭料理 山東の【水餃子】
================================================
◇創業1985年の横浜中華街老舗店

◇ミシュランガイド2015ビブグルマン受賞

◇餃子 百名店2019(食べログ)受賞

◇特性たれと合わせると他社には出せない絶品の味

================================================

【中国家庭料理 山東】

コメント

タイトルとURLをコピーしました