スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品和田珍味ののどぐろ一夜干!

▶ お魚
島根県産 絶品のどぐろ

正式な名称は「アカムツ」

ソース画像を表示

こんなに美味い魚として知られる「のどぐろ」という名前で知られる日本海の高級魚は、本来の名前は「アカムツ」と言います。しかし、「のどぐろ」の方が一般的に呼ばれ、その理由はのどぐろの口を覗くと奥が黒いからです。何故黒いのかという理由は未だに解明されていませんが、そのような理由から「アカムツ」は「のどぐろ」と呼ばれてきました。他の特徴としては、全長は約40センチ位で体型は楕円形で側偏します。背側の体色は赤紅色で、腹側は銀白色をしています。日本海側では従来から高級魚として扱われ、島根県浜田市では「のどぐろ」の名称で市の魚にも指定されています。

和田珍味ののどぐろが美味しい理由

のどぐろ一夜干

のどぐろを知らない方はまずその値段の高さに驚きますが、のどぐろをひとたび口に入れた途端に何も言えないくらい美味しい魚です。旨さの秘訣は白身の魚であるにも関わらず、白身のトロと言われ一年で最も脂の乗ったのどぐろだけを使い、新鮮なうちに一枚一枚丁寧に開き、一夜干にしてます。しっとり柔らかな上質の白身からにじみ出るホクホクとした独自の旨味は脂質含有量はうなぎをもしのぐ程です。また、のどぐろを育む日本海の豊富な漁場がのどぐろを極上の逸品にしています。和田珍味自慢の急速冷凍してあるのどぐろ一夜干しを素手で触っても、のどぐろの脂が手につきます。それくらい脂乗りが違います。

高級魚のどぐろ一夜干は、最近ネット上でたくさん販売されていますが割と小ぶりなものが多いです。しかし、和田珍味はどこよりも大きいのどぐろを用意しています。それは、のどぐろは大きいものの方が断然美味しいからです。魚は大きいものは大味などとよく言われますが、のどぐろに限って言えば大きさと美味しさは比例します。大きくなればなる程身も厚く脂乗りも良くなり贅沢な味を堪能することが出来ます。

90余年のあゆみ

本店外観

大正12年に創業し魚の行商を始め、昭和30年頃にはえ縄漁でのふぐ漁が盛んになり自社の加工工場を建設し「ふぐ味醂干」を手がけます。平成7年には第44回全国水産加工たべもの展において「ふぐ一夜干」が水産庁長官賞を受賞します。また、和田珍味本店では地元ならではのうまいもんを取り揃えており、石見銀山から車で約15分のところに雄大な日本海を見渡せる店内レストランがあります。この場所が国土交通省の認定する「とるぱ」(撮るパーキング)全国人気ランキングで第1位をし、きれいな絶景を見ることが出来ます。和田珍味本社工場では、和田珍味の美味しい商品をここで一つひとつ丁寧に作っています。和田珍味で作るふぐ製品・海産物加工品は全て国産原料を使用しているので、安心・安全にこだわった「うまいもん」を届けています。

のどぐろがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆



「大田」和田珍味のどぐろ一夜干

★公式サイトはこちらから★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼世界遺産、石見銀山のある町、島根県大田市の「和田珍味」が
自慢の海の幸をお届けします

▼絶品のふぐを食べたい方へ!!
和田珍味の「のどぐろが美味しい」理由
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

コメント

タイトルとURLをコピーしました