スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品うにむらかみのうに!

▶ 魚介類
むらかみ 絶品生うに

「むらかみ」のうに

北海道内に自社工場を持つ「むらかみ」が入荷しているうにの産地は、主に同じ道内近海からうにを仕入れています。「利尻島・礼文島・日本海周辺・天売島・焼尻島・函館近海・北方四島(ロシア産)」です。「むらかみ」がうにを仕入れる海域には有名な昆布が生息しています。利尻の利尻昆布、函館の真昆布、がごめ昆布など、餌となる美味しい昆布がある海域では美味しいうにが獲れるのです。
「むらかみ」のうには、エゾバフンうにかキタムラサキうにのいずれかの種類を使用しています。個体差はありますが、キタムラサキうには身が淡く黄味がかったクリーム色をしており、エゾバフンうにの身はやや赤みの強いオレンジ色です。生うには時期や産地によって味が異なる為エゾバフンうにとキタムラサキうにのどちらが良いということはありません。その時期に最も味の良い旬の種類・産地を厳選して選んでいる為、種類や産地の指定は「むらかみ」におまかせになります。
うには夏にしか獲れないと思われがちですが、北海道沿岸では一年を通じて様々な場所で獲ることが出来ます。うには食べる餌で味が大きく変わる為、時期によって利尻・函館・日本海側など餌となる昆布が異なり、獲れるうにの種類もエゾバフンうにやキタムラサキうになど異なります。一年を通じていろいろな産地や種類のうにを楽しむことが出来ます。

ミョウバン不使用・無添加

うにの可食部は生殖巣(精巣・卵巣)で、殻から取り出すと形を保つことが出来ず溶けてしまいます。そのため、一般的には添加物のミョウバンを溶かしたミョウバン水に漬け込み身を固めて形を保つのですが、ミョウバンを過度に使用するとミョウバン特有の渋みが感じられることや、うに本来の口どけや味が損なわれる場合があります。また、うにの苦味はミョウバンだけと思われることも多いですが、ミョウバン自体に苦味はなく食べている餌やうにがもともと持つ特有の苦味成分が産卵期に強く出る場合があると言われています。

「むらかみ」では長年培ってきた経験を活かし、独自の製法でミョウバンを使用しない無添加の生うにを作り上げました。ミョウバンを使用しない無添加の生うには、ミョウバン特有の渋みがなく口あたりがまろやかで、うに本来の甘味や磯の風味を楽しむことが出来ます。「むらかみ」のうには、うにが苦手だった人がうに好きになったり、「むらかみ」のうにしか食べれないとの声も上がっています。

作り置き一切なしの全て手作業

「むらかみ」のうには、ミョウバンを使用しているうにに比べて長時間形を保つことが出来ない為、海から獲れたばかりの新鮮なうに以外では作ることが出来ません。天候の影響等で漁に出られない日などは出荷が出来ないこともあります。ですが、「殻から取り出したばかりのうに本来の美味しさをそのまま、全国の皆様にご賞味いただきたい」という一念のもと、生うにの作り置きや冷凍保存は一切していません。「むらかみ」のうには常に注文を頂いてからうに専門の工場で熟練の職人が製造しています。

また、「むらかみ」のうには「商品保証書」を同封しています。届けるうにの産地や種類、品質について記載している他、日持ちや保存方法など、美味しく食べれる為の説明も記載してくれているので初めてでも安心して注文することが出来ます。

うにがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆



北海道 ウニ うに ギフト用 函館うに専門店「むらかみ」生ウニ80g 雲丹 生うに 海鮮 グルメギフト 北国からの贈り物 送料無料


塩水 生 うに 80g A級品 パック 北海道 無添加 函館 専門店 うにむらかみ お取り寄せ 北国からの贈り物

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うにむらかみ
日本で唯一のうに加工会社直営店、うにむらかみのミョウバン等添加物を使用しない無添加うに料理をお楽しみ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました