スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品うなぎ屋かわすいのうなぎ!

▶ お魚
うなぎ屋かわすい 絶品うなぎ

厳選した国産うなぎを使用

「うなぎ屋かわすい」が取り扱ううなぎは、主に西日本の各産地からその時々に応じた品質の良いうなぎを厳選して仕入れています。一般的に加工場と養鰻場が同じ地域にある場合、その産地のうなぎを使うというのが習わしですが、「うなぎ屋かわすい」がある和歌山県には養鰻場はひとつもありません。逆にこのことでいろいろな産地から良いうなぎを選んで仕入れることが出来るというのも「うなぎ屋かわすい」の強みのひとつです。養殖方法の違いもあり、時期によっても仕入れ元が異なります。産地は一例ですが、主な産地は徳島・高知・宮崎・鹿児島などです。メインは西日本ですが、その時期に本当に美味しいうなぎを日本中から集めることが出来ます。

「うなぎ屋かわすい」では、安心・安全の産地検索システムを採用しており、お客に安心して食べてもらう為に商品の袋に産地を表すロット番号を印字しています。このロット番号から自身で今手元にあるうなぎがどこの産地のものかを確認することが出来ます。

徹底した試食検査とドロ抜き

ソース画像を表示

厳選した活きたうなぎには、まず「ドロ抜き」と呼ぶ工程を行います。うなぎは川魚なので、特有のニオイがありこれを出来る限り抜き取るのがこの工程です。「立て場」と呼ばれる場所でドロが抜けるまで数日間きれいな地下水にさらします。その後、実際に何本かのうなぎを蒲焼きにして味覚の敏感な職人5名で「試食検査」を行います。検査を行い一人でもニオイに違和感を感じた場合はそのうなぎの調理はしません。「ドロ抜き」はどこのうなぎ屋さんでも行う工程なのですが、この工程中はエサを与えない為、うなぎは少しずつ痩せていき最終的な焼き上がりの大きさにも影響が出てきます。しかし、そのことを気にして「ドロ抜き」を怠ると美味しい蒲焼きに仕上がらない為、「うなぎ屋かわすい」は職人全員が納得いくまでとことん追求しています。

こだわりの自家製タレ

「うなぎ屋かわすい」のタレは全て自家製であり、試行錯誤を重ねた、まさに「かわすい秘伝のタレ」です。焼きあげる際には用途に応じた3種類のタレを使い分け、食べる時に使う添付のタレはご飯によく合うように仕上げています。「うなぎ屋かわすい」のタレは和食・居酒屋さんなどの飲食店にも繰り返し買い求めてくるなど好評を得ています。また、うなぎはじっくりと蒸し入れた後に「強火の遠火」でサクッと香ばしく焼き上げます。外はサクッと中はふんわりとなり、上質な脂と秘伝のタレがご飯に良く絡んで自宅で本格的な味を楽しめることが出来ます。

「うなぎ屋かわすい」のうなぎへのこだわり

川口水産は1964年(昭和39年)に和歌山県の有田市で創業し、1975年よりうなぎの蒲焼きを専門として営業しています。職人は毎日良い活うなぎを探さなくてはならず、今日「良い活うなぎ」を仕入れた産地が明日良いとは限らない為、「毎日良い活うなぎを仕入れる」それが職人の仕事になります。料理は素材が八分。だから一番肝心な良い活うなぎを仕入れることに力を注ぎます。仕入れた活うなぎは社内のスタッフの内の味覚に敏感な5人が担当します。味覚で味を確かめる前にまずは活うなぎを実際に目で見て良いうなぎかを確かめます。蒲焼きは素材(活うなぎ)が命な為、川水では入荷される活うなぎのロットをまずサンプル的に少量仕入れ、職人の目に叶ったロットの活うなぎのみを仕入れています。また、川魚によくある嫌な臭いがあるかないかを実際に判定します。この試食検査で「ドロ臭チェック」をパス出来ずに生産を全て止めてしまうこともあります。不良品を売るくらいなら何も作らないという精神で、「良いか悪いかを確実に判断して、悪いものは使わない」。とても単純なことですが、これを「うなぎ屋かわすい」は徹底的に行っています。

うなぎがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


10年連続グルメ大賞 特大国産うなぎ蒲焼き3種セット うなぎ ウナギ 鰻 蒲焼き 国内産 国産 土用丑の日 プレゼント お中元 誕生日 食べ物 食品 お礼 内祝 送料無料[MP][SI]


【ふるさと納税】超特大国産うなぎ10本セット (1本:200〜229g)


川口水産 国産うなぎ かば焼き たれ・山椒付き 3種組み合わせセット 約300g (通常梱包箱)

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うなぎ屋かわすい 川口水産

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました