スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品マルコシ商店のいくら!

▶ 魚介類
マルコシ商店 絶品いくら

いくらとは

いくらとは、サケの魚卵のことを言い、筋子の卵巣膜(卵を包む薄い膜)を取り除き、産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けたものを特に指して呼びます。バラ子とも呼ばれています。一般的には加熱加工はせず、塩漬けや醤油漬けにして食べます。「いくら」の語源は、ロシア語の「魚卵」「小さくて粒々したもの」からで、ロシア語で「いくら」はサケに限らず魚卵であればキャビアもたらこも全て「いくら」と呼びます。日本ではサケ科の卵をばらしたもののみを指しますが、サケの卵はロシアでは「赤いいくら」と呼ばれます。もともと日本では、サケの卵巣から取り出したもの(筋子)と粒状にばらしたもの(いくら)を区別する名称がなかったが、ロシア人が粒状にばらしたサケの卵を「いくら」と呼んでるのを見た日本人が「いくら」と呼ぶものと思ったことに由来すると言われています。ロシア式のサケの卵の食べ方が日本に伝わったのは大正時代で、ロシアから伝えられた製法で保存の利く塩漬けを試験的に製造したのが始まりとされています。

いくら本来の食感

いくら丼

いくらの品質評価は、柔らかさを基準に柔らかい方から「3特」→「2特」→「特」→「無印」と区分されています。産卵期が近づくといくらの皮は固くなり大きくなっていきます。食感もややしっかりしてきますが、「いくら本来の食感」と、こちらの方を好む方も少なくありません。マルコシ商店は、寒流と暖流の交わる北三陸(岩手県)に水揚げされた秋鮭の買い付けから、いくらの加工・発送を全て自社で行うオリジナル商品です。目利き人が市場に足を運び、確かな目で選別した秋鮭だけを買い付けます。その秋鮭の卵だけに限定して自社の職人が伝統の味付けで仕上げます。塩いくら向きの卵は塩いくら、醤油いくら向きの卵は醤油いくらに。その目利きひとつで味わいが左右されます。マルコシ商店には、原料の買い付けから卵の目利き、加工の全てを実施するスタッフが揃っており、ベストな選択でいくらの加工、販売が可能となっています。塩いくらは、北三陸の荒波で水揚げされたサケを紅玉のような大粒の卵を丁寧にほぐし、食塩だけで甘口に味付けしました。無添加で風味豊かな逸品になっています。醤油いくらは、卵のコンディションを目利きしてその日の最良の漬け時間にてこだわりの醤油に漬け込みます。確かな卵を使用することで、とろっとした食感と口に皮が残りづらいのが自慢の逸品になっています。

水揚げされた新鮮なサケをその日のうちに加工

「マルコシ商店」の台所である越戸商店本社工場は、北三陸前浜の漁場から車で10分と大変鮮度に恵まれた場所に立地しています。ここで働くスタッフは、皆前浜の海を知りそしてこよなく愛しているスタッフばかりです。この台所からお客の食卓へ三陸の香りを直送しています。美味しく安全な製品を届ける為に、真心を込めて一つひとつの製品を作っています。

いくらがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


いくら造り40有余年 マルコシ謹製 岩手県産 いくら醤油漬け 500g 2特【いくら醤油漬け】【冷凍便】イクラ丼、手巻き寿司、大粒いくら【母の日】【父の日】【お中元】【ギフト】【お歳暮】


岩手県 北三陸直送 !!いくら 醤油漬け 大粒【500g】2特

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【公式通販】うまさ直送!マルコシ商店|岩手 北三陸のいくら・海産物の産地直送 通販
公式通販限定!無料登録の「会員価格」で商品が安い!岩手 北三陸のいくら・海産物を産地直送「うまさ直送!マルコシ商店」の公式ホームページです。いくら専門店がお届けする極上のいくらをお楽しみください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました