スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品ASUKAのチーズ工房のチーズ!

▶ その他
ASUKAのチーズ工房 絶品チーズ

チーズとは

チーズとは乳製品の一種で、牛・水牛・羊・ヤクなど鯨偶蹄目の反芻をする家畜から得られる乳を原料として、乳酸発酵や柑橘果汁の添加で乳酸化した後に加熱し固形分を濾し取る方法や、酵素添加により凝固体になったものをカットやクラッシュしてから布などで濾して液体成分と分離してから更に脱水して製造した食品のことを言います。伝統的に乳脂肪を分離したバターと並んで、家畜の乳から作る保存食として重要な位置を占めています。

チーズがどのように発見されたのかは正確ではありませんが、「アラブの商人が羊の胃袋を干して作った水筒に山羊のミルクを入れて砂漠を旅していた途中に、喉の渇きを癒そうと水筒を開けたところ、中からミルクではなく澄んだ水と柔らかい白い塊が出てきた」というのが最初のチーズの発見であるという説が有力です。

土から産まれたチーズ

ASUKAのチーズ工房は全て土から作られています。チーズを作る為には生乳が必要なので牛を飼っていますが、牛を飼うには牧草を育てなくてはいけません。畑に牧草の種をまき、種をまく為に土を作らなくてはいけないので牛の糞を発酵させてたい肥を作ります。この工程のことから土がなくては牛乳もチーズも産まれることはありません。人間が食べているものは、土がなくては産まれてこなかったとASUKAのチーズ工房は考えています。日々母なる大地に感謝をして牛を飼い、チーズを作っています。また、牛のエサの一種であるトウモロコシもASUKAのチーズ工房のデントコーン畑で生産しています。

ASUKAのチーズ工房の代表的なチーズ

「はじめのチーズ」ヨーロッパではトムとして知られるセミハードタイプのチーズの製法を参考にして作られたオリジナルチーズです。熟成期間は6ヵ月以上で、熟成チーズならではのコクが感じられるチーズです。表面のカビ(リンド)は、乳製品を酸素から守り熟成の手助けをする為のものです。食べる際は、薄く削いでから食べます。

「雪の音(ゆきのね)」しっかりとした厚みのある白カビタイプのチーズです。冷蔵庫の中で少しずつ熟成が進んでいく生タイプのチーズで、ワインなどお酒に合うように塩分を利かせています。出荷直後はフレッシュな味わいで、賞味期限間近になると味も香りも濃厚なチーズへと変化していきます。お好みの熟成度合いを見つけて食べることが出来ます。

「ストロング・しおかぜ」さけるチーズに北海道産の本ししゃもを粉末にして練り込んでいます。更に、ししゃものダシ醤油に漬け込むことによって日本人好みの味に仕上がっています。鵡川(むかわ)町ならではの贅沢なチーズです。

一つひとつに心を込めて作るチーズ

アスカのチーズ工房毛利牧場

北海道の中でも「ししゃも」が有名な鵡川(むかわ)町にASUKAのチーズ工房はあります。工房敷地内には湧水が湧いており、雪解けの頃には野生のシカが天然のクレソンを食べに訪れる程、大自然に囲まれたASUKAのチーズ工房です。敷地内で生産された飼料で育った牛の乳を使った優しいチーズであり、搾乳からチーズへの加工まで同敷地内で一貫して行われます。牧場内で大切に育てた牛の新鮮な生乳の美味しさを多くの人に知ってもらいたいと、3代続く酪農家で実家でもある毛利牧場内に2009年にチーズ工房をオープンしました。自らが生産した生乳だけを使用して作った農家手作りのチーズです。食べやすいフレッシュタイプのモッツァレラやストリングチーズ、個性的なカマンベールやセミハードなど常時4種類のチーズを家族で作っています。出来る数は少ないですが、食べてもらった方に美味しいと言ってもらえるよう一つひとつ心を込めて作っています。

チーズがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


北海道 チーズ ギフト 【ASUKAのチーズ工房 無添加 絶品チーズ 4点セット 送料無料】 ナチュラルチーズ お返し 無添加チーズ 詰め合わせ おつまみ 白カビ ご当地グルメ お取り寄せグルメ 北海道産 贈り物 北海道チーズ チーズセット


北海道むかわ町。ASUKAのチーズ工房 チーズセットA

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ASUKAのチーズ工房-アスカのチーズ工房
北海道の胆振地方と呼ばれ太平洋に面している「むかわ町」の小さな牧場で大切に育てた牛の生乳を使い、ナチュラルチーズを作っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました