スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品ふくやの明太子!

▶ 魚介類
ふくさや 絶品明太子

味の明太子無着色レギュラー200g

明太子とは

最少の味付け、最大の美味しさ

明太子(めんたいこ)とは、スケトウダラの卵巣(たらこ)を唐辛子などで漬け込んだものを言います。福岡で明太子を製造するふくやによると、明太子の語源は、朝鮮語でスケトウダラを「明太」と呼ぶことに由来すると言われており、明太子という表現は日本独自のものであります。なお、日本で「鱈」の字が文書に現れるのは1670年であり、そもそもは「スケト」という呼び名でした。韓国での明太は日本のたらこと違い辛み付けされており、その為、意味としてはたらこ=明太子=スケトウダラの子であるが食品としての味は異なります。 下関や博多をはじめとする西日本の一部地域では、唐辛子を使わないいわゆる「たらこ」を示す言葉として明太子と使い分けられています。「明太子」を明太子を指す言葉として用いる人が多く、さらには「めんたい」と略されて「めんたいスパゲティー」や「めんたいロック」など九州博多の代名詞としても用いられることもあります。これは元々たらこを示す言葉としての「明太子」が使われない地域に、お土産や特産品として「辛子明太子」がもたらされ、やがてその略称としての「明太子」が全国的に広がったためと考えられています。

最小の味付けと最大の美味しさ

最少の味付け、最大の美味しさ

「ふくや」が明太子作りでもっとも大切にしていることのひとつが良質な「たらこ」を使うことです。成熟度によって味が異なるなかでも、「ふくや」が選ぶのは「真子(まこ)」と呼ばれる最も明太子に適した状態のものだけです。雑味がなく旨味がしっかりある「真子」の美味しさを活かす為、味つけはごくシンプルに留め、アルコールやみりんなどは一切使用しません。また、ハリのある薄皮に包まれた、取り出した卵そのままの“一本もの”がゆえに「真子」の中に調味液がゆっくりと浸透します。外側ほど唐辛子が香り、内側になるにつれ「たらこ」の旨みが強くなるという具合に奥行のある味わいとなります。

味の決め手となる特製ブレンドの唐辛子

味の決め手となる特製ブレンドの唐辛子

唐辛子にも様々な種類があり、辛味が強いものだけでなく香味に優れたもの、甘みを感じるものなどそれぞれに個性が違います。その膨大な中から個性の異なる3種類以上の唐辛子を選び組み合わせることで辛味と甘み、そして香りのバランスがとれたものとなります。また、唐辛子を非常に細かいパウダー状にすることで、たらこに調味液がなじみやすくなり、唐辛子の香り高い明太子となるのです。創業者が試行錯誤の末たどり着いた唐辛子の配合が、「ふくや」の明太子の味の決め手と言えます。

「素材を大切にしたい」変わらないその心

おいしさ、ひとすじ。

昭和23年(1948年)10月5日、博多・中洲の一角に小さな食料品店が生まれました。当時博多の街は戦災で焼け野原となり、少しずつ復興の兆しが見え始めたころでした。店主は戦時中の幼少期を韓国の釜山で過ごしましたが、そこでの庶民の食べ物「たらこのキムチ漬」の味が忘れられず、戦後引き揚げた博多でその味を再現すべく、創意工夫を重ねていき、そして昭和24年1月10日、商売繁盛を願う十日恵比須神社大祭の日、日本で初めて「味の明太子」を売り出しました。「味の明太子」の原料はスケトウダラの卵巣であり、これを独自の調味液に漬けこんで作りあげます。そのとき最も大切なことは、なによりもまず確かな素材を使うことです。「ふくや」は創業のときから変わらないこの素材への想いをいまも受け継ぎながら「味の明太子」を作り続けると共に、「おいしさひとすじ」という創業から変わらぬこの想いこそ「ふくや」の理念です。

明太子がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆



【明太子 ふくや 味の明太子200g】お中元 ギフト プレゼント 博多 九州 お土産 お取り寄せグルメ 博多 ※辛さが選べます! 季節のご挨拶 お礼 お祝 内祝 ご挨拶 ご贈答 のし対応


[博多中洲ふくや] 味の明太子レギュラー200g (辛口)

★公式サイトはこちらから★

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご家庭用にも、お中元にも

本場福岡の博多明太子【ふくや】オンラインショップはこちら
↓↓
《公式》味の明太子ふくや
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました