スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品山年園のお茶漬け!

▶ その他
山年園 絶品お茶漬け

お茶漬けとは

茶漬け(ちゃづけ)とは、主に米飯に茶をかけた料理のことを言います。茶をかける御飯の食べ方を指していることやお茶漬けと丁寧に呼ばれる場合もあります。場合によっては白湯をかけた場合でも茶漬けと呼ぶことがありますが、白湯をかけた場合は一般に湯漬けと呼んで区別されています。炊き干しされた一般的な飯に白湯やスープ(出汁など)を合わせる食べさせ方は米食の慣習がある地域で広く見られますが、喫茶を合わせる食べさせ方は世界的に珍しいです。茶粥としては大和国の寺院で古くから食べられていたとされています。レシピによっては、茶ではなく出汁をかけた料理や、出汁に限らず何らかのスープをかけた料理を「茶漬け」と呼ぶ場合があり、広辞苑によれば、茶漬けとは「飯に熱い茶をかけたもの。茶漬飯」とあります。

また、江戸時代の中期頃からは茶漬けに具を乗せるのが広まったなど、どのような具が選択されるかは完全に食べる人の好みに任せられており、例えば、梅干や漬物、鮭や海苔・佃煮・塩辛・山葵・たらこ(辛子明太子)・イクラ、さらには、マグロ等の刺身など、様々な食べ物を具として乗せるケースが見られます。ウナギも茶漬けの具となるケースも見られますが、名古屋の名物として知られるひつまぶしのように、最初は茶漬けとしては食べていなかったのにもかかわらず、最終的には茶漬けとして食べる料理もあります。一般的には茶漬けには熱い液体(熱い茶や出汁)を使用しますが、盛夏などには冷やした緑茶や麦茶などを使用し、冷たい食感を楽しみながら食べる人もいます。この食べ方は昭和期からTVなどで紹介され、平成期に入っても冷やし茶漬けとして紹介されました。

本来の食感と風味を活かした全20種類の具材

製造工程1

特製だしつゆで本格的な「料亭の味」が食べれる高級お茶漬けセットを販売しており、ふっくらしっとりと本来の食感と風味を活かして丁寧に仕上げた具材と、こだわりの特製だしつゆで本格的な料亭の味が楽しめます。「山年園」の代表的なお茶漬けとして、国内で水揚げされた金目鯛をお茶漬けにしています。一つひとつが手作業で丁寧に調理されていて、国内で水揚げされた高級魚として知られる金目鯛を静岡県下田市で加工しました。白身で脂がのった金目鯛を、お茶漬けとして贅沢にお楽しみください。また、お茶漬けとしてだけではなく、炊き込みご飯にして食べてもお勧めです。更には、暑くて食欲のない時には冷やし茶漬けとしても美味しくピッタリです。氷と冷水を注ぎ、冷やし茶漬けでどうぞ。

化学調味料を一切使用しない無添加のこだわり

具材

「山年園」では、試行錯誤を加え新しくなった黄金色のだしつゆは、2種類の本醸造醤油をベースに厳選した宗田鰹節から抽出した天然のダシを使用してます。化学調味料は一切使用せず、鰹が持つ本来の旨味によって素材の味を引き立たせます。

巣鴨とげぬき地蔵通りで創業60年

山年園 外観

巣鴨のお茶屋さん山年園(やまねえん)は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いてます。巣鴨でおばあちゃんの味覚で鍛えられ、選びぬかれた「こだわりのお茶」「健康茶・健康食品」「おやつ・お茶うけ」を販売しております。ゆったりとした巣鴨の雰囲気、下町の良さを添えて、皆様のお茶の間に届けています。

お茶漬けがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


巣鴨のお茶屋さん山年園 高級お茶漬け 8種類セット


【高級 ギフト】高級お茶漬けセット 8食入り(お茶漬け専用茶付き)

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巣鴨のお茶屋さん山年園

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました