スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品岐阜県産の岐阜えだまめ!

▶ その他
岐阜県産 絶品岐阜えだまめ

夏バテしやすい時期に効果絶大

長良川上流からの肥沃な堆積土で育てられる枝豆は、実がしっかり詰まりボリュームもたっぷりです。西日本最大の産地として、全国有数の販売高を誇る岐阜地域の枝豆は「岐阜えだまめ」ブランドの名で親しまれています。また、食卓に新鮮で美味しいまま届けることが出来るようにPプラス包装(鮮度保持フィルム)し、防虫ネット栽培への取組み等で「ぎふクリーン農業」の認証を取得しています。冷凍品・外国産とは違い、豆の味と香りが口の中で広がる岐阜産の枝豆「岐阜えだまめ」は、塩茹でした岐阜えだまめを一粒食べればギュッと詰まった枝豆の味と香りが口中に広がります。

岐阜えだまめの生産・栽培

岐阜えだまめの生産・栽培

岐阜えだまめは、昭和32年ごろから本格的に生産が開始された半世紀以上の歴史を持つ老舗産地で生産されています。 栽培方法として現在岐阜県ではハウス、トンネル、防虫ネット、フェロモントラップ(害虫の好きなにおいを利用してポットに集める仕組み)などにより、できるだけ農薬を使わない減農薬栽培を行っています。

えだまめは別名「あぜまめ」とも呼ばれるように、古くから田のあぜなどに植えられ、農家の自家用として食べられてきました。岐阜県における本格的な生産は昭和32年頃岐阜市で始まり、当時は枝つきで出荷していました。その後えだまめは栄養価の高い野菜として需要が伸び、作付面積が増加してきました。平成20年には2,360t(全国9位、作付面積366ha)の枝豆が出荷されています。主な産地は岐阜、西南濃地域で、特に岐阜市内長良川流域の肥沃な土壌で栽培された枝豆は大粒で甘みに富み、県内はじめ京阪神市場で最高級ブランドとして評価され、冷凍の輸入枝豆はもとより国内他産地のものとは別格扱いされています。昔は9月から10月が枝豆の旬でしたが、現在は7月から8月が旬で、しかしビール党は5月のゴールデンウィークを過ぎると「ジョッキ片手に枝豆」と、年々旬が早まっています。岐阜えだまめは、このようなビール党のご期待に応えられるように5月から11月まで出荷されています。7月から8月に出荷されるえだまめは露地で栽培されますが、5月から6月に出荷されるえだまめは、ビニールハウスで栽培されます。また、最近はこのハウスを利用して夏から栽培を開始し、11月から12月の初冬まで出荷されています。

7月にお目見えする見た目に美しい枝豆は、収穫直前まで防虫ネットで覆って作ります。この栽培方法(防虫ネットを使ったトンネル栽培)は、平成15年、全国に先駆け岐阜県で本格導入されました。このことにより、農薬の使用回数を大幅に減らすことに成功し「安全・安心」で美味しい枝豆作りに産地で取り組んでいます。

ぎふクリーン農業とは

代替技術

有機物等を有効に活用した土づくり並びに環境への負荷の大きい化学肥料、化学合成農薬等の効率的な使用と節減を基本とし、生産性と調和できる幅広く実践可能な環境にやさしい農業です。農産物に対して安全・安心を求める消費者ニーズは高く、より安全で安心して食べられる農産物の供給が必要です。

また、農業生産において、環境への負荷に配慮した栽培方法が求められ、生産性と環境の調和を図った農業生産をしていくことが必須です。そこで、化学肥料・化学合成農薬の適正で効率的な使用とそれらに代わる各種代替技術の利用により、化学肥料(窒素成分)及び化学合成農薬の使用量を従来の栽培と比べていずれも30%以上削減した栽培を「ぎふクリーン農業」とし、取組を進めています。令和2年2月末現在、16,396ha(507件)で取り組まれています。これは県内作付面積のおよそ3分の1を占めています。

枝豆がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


岐阜えだまめ 180g×10袋セット A等級 Lサイズ [使いやすい小袋入 ご自宅用 廉価 送料無料 簡易箱 国産 岐阜産 枝豆 野菜便 冷蔵便 お中元 父の日 敬老の日]


岐阜えだまめ 180g×10袋セット A等級 Lサイズ

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

産地直送 通販 お取り寄せトップ|JAタウン
トップ|全国各地から旬の農畜産物・特産品を産地直送でお届け!JA全農が運営するお取り寄せ通販の「JAタウン」果物・野菜など旬の新着商品が続々入荷中!贈答用から家庭用、業務用まで用途に合わせた豊富なラインナップが揃っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました