スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品聘珍樓の海老餃子!

▶ その他
聘珍樓 絶品海老餃子

中国料理とは

飲茶・点心

中華料理とは、中国で食べられてきた料理、またはその技法や調味料を使用して作られた料理のことを言います。比較的広い国土を持つ中国では、各地方の気候・地理・歴史・食材・食習慣の違いにより、独自に形成された調理法、味付けの料理があります。日本を含め世界的に広く普及し、また現地化も進んでいます。多彩な技法や味のバラエティーを持ち、世界三大料理の一つに挙げられています。ロシアを除くヨーロッパの全国家を合計した面積に匹敵するほどの広大な国土を持ち、地理的、気候的条件等、各地でそれぞれ特色が異なる中国では、地方ごとに食材も異なり、また漢民族に同化していき、またかつて漢民族を支配した多彩な民族を基層としている為、その調理法や味付けも地域差が大きい料理です。

中華文明の影響を強く受けた日本や朝鮮、ベトナムなどの周辺国でも、その国の料理法に大きな影響を与えています。また、近代以降も世界中に移民として渡った華僑たちが、移民先の国に持ち込んだ為、多くの国に伝わりました。この中には、持ち込んだ国の料理と融合したり、中国大陸に存在しない食材を利用したり、現地人の料理人が考案したりした、中国本土にも見られない進化を遂げた「中華風」とも言うべき中華料理もあります。

無添加で素材の味を楽しむ

化学調味料無添加で素材の美味しさが味わえる本格点心です。モチモチの半透明の白い皮から透けるピンク色のエビのプリプリ食感が味わえます。本格的な聘珍樓自慢の海老蒸し餃子です。とびきり新鮮でプリプリの海老が半透明の特製の皮からピンク色の顔をのぞかせた、広東点心の代表作です。噛み締めた時のほんのりとした海老の旨みをお楽しみください。食べ方は、蒸し器にて約3分蒸した後、辛子醤油、酢醤油等お好みに合わせて温かいうちにお召し上がり下さい。尚、電子レンジを使用の場合は、容器に入れラップをかぶせ、約2分間温めて下さい。

また、聘珍樓の点心は他の通販のお店より賞味期限が短いのが特徴です。それは化学調味料や合成保存料・合成着色料を使わない無添加食品だからです。化学調味料に頼らない、創業から変わらない素材重視の調理工程で安心と安全を食卓へ届けています。

日本に現存する最古の中国料理店

聘珍樓は、1884年(明治17年)に横浜で産声をあげました。たくさんの外国船が行き交い、日本で初めての蒸気機関車が煙をあげて走っていた時代です。以来百三十余年、日本に現存する最古の中国料理店として多くのお客にご愛顧してもらっています。街の様子も人々の暮らしも随分変貌し、今やこの地は「横浜中華街」と呼ばれ世界的に知られるようになりました。しかし、今でも変らないのが「聘珍樓」のおもてなしと職人気質です。「良き人、素晴らしき人が集まり来る館」という「聘珍樓」の名に込められた思いと、お客にひたすら尽くし、吟味された素材で織りなす料理人たちの真剣勝負の数々で、「聘珍樓」はこれからも、その土地の食材と中国料理の伝統と技をもって美味しく楽しい料理を提供します。

また、「聘珍樓」では、お店から出た使用済みの油をリサイクルしています。2017年9月~2018年8月に排出した使用済み食用油の一部をバイオディーゼル燃料(VDF)にリサイクルし、68241キログラムのCO2を削減しました。このCO2の削減量は、杉の木約487本分となります。※杉の木は50年杉で、高さが20~30m程度になります。2009年の取組以降、9年間で杉の木4277本分のCO2を削減しております。(林野庁試算「地球温暖化防止の為の緑の呼吸源対策:杉の木1本あたりの年間約14KgのCO2を削減)「聘珍樓」の使用済みの油をリサイクルして、バイオディーゼル燃料(VDF)を作る過程でCO2が発生しますが、その発生したCO2を排出権を購入することで相殺し、今回のリサイクルの取組みに関してCO2を一切排出していないことを認定している証書となります。

餃子がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


海老 餃子 [エビギョウザ ] 10ヶ入| 海老蒸し餃子 内祝 お返し ギフト プレゼントに最適 横浜 中華街 聘珍樓 聘珍楼 点心 飲茶 横浜中華街 お土産 ごちそう 中華料理 惣菜 中華惣菜 お取り寄せ 贈り物 食品 お祝い お礼 出産祝い 内祝い 誕生日


聘珍樓(へいちんろう) 海老餃子 (エビギョウザ) 20g×10個入 [中華/惣菜/お取り寄せグルメ 横浜中華街] 点心 飲茶

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

聘珍樓(へいちんろう)
中国料理・広東料理|聘珍樓(へいちんろう)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました