スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品森からし蓮根のからし蓮根!

▶ 野菜・果物
森からし蓮根 絶品からし蓮根

レンコンとは

蓮根

レンコンとは、ハスの地下茎が肥大した物で食用に栽培されます。原産地は中国もしくはインドで、はすね、蓮茎、藕などとも書き、主に沼沢地や蓮田(レンコン田)などで栽培されます。内部に空洞があり、いくつかの節に分かれています。節の長さは品種によって異なり、輪切りにすると穴が複数空いている形になります。穴の数は中央に一つ、周囲と合わせて大小十個程度であることが多いです。レンコンは、空気が少ない泥中にある為、空洞は取り込んだ空気を行き渡らせて呼吸を助ける役割があります。空気を送る葉柄も、切ると断面に複数の穴があり、日本では「先を見通す」ことに通じて縁起が良いとされ、正月のおせち料理などにも用いられています。

レンコンを折った時に見られる糸状の物質は、導管内壁のラセン糸が引き伸ばされて出てきたもので、日本では奈良時代にレンコンの栽培が始まったものの、当時の在来種は収穫量が少なく、本格的に栽培されるようになったのは新たに中国種を導入した明治初期以降のことになります。世界的にもレンコンを食用とするのは日本と中国(南部)だけとされていますが、実態は不明です。

なお、泥のついたままの状態で出荷・販売されるが、これは光や空気からレンコンを守り、日持ちさせる為です。主に水煮状態のものが中国から大量に輸入されており、安価で販売されているレンコンはほとんどが中国産になります。可食部の約80%が水分で、残りは炭水化物が約17%、たんぱく質が約2%、灰分が約1%、食物繊維が約5%になります。カリウム、ビタミンC等の水溶性ビタミン類、カリウム、カルシウム、亜鉛、銅、ムチン等を含み、脂質並びに脂溶性ビタミン類は殆んどありません。

からし蓮根の食べ方

[からし蓮根の召し上がり方] 5~8mmくらいに輪切りにしてそのまま[からし蓮根の召し上がり方] 醤油等をつけて[からし蓮根の召し上がり方] 辛みが強い場合は、マヨネーズ・ゴマドレッシング等をつけて

食べ方その一
5~8mmくらいに輪切りにしてそのまま食べます。からし蓮根本来の味が楽しめます。

食べ方 その二
そのまま輪切りにして食べても美味しいですが、醤油等をつけて食べれば尚一層美味しく食べれます。

食べ方 その三
辛みが強い場合は、マヨネーズ・ゴマドレッシング等をつけて食べると辛みが和らぎます。

食べ方 その四
電子レンジで数秒加熱すると、辛さが増します。辛いものがお好きな方はお試しください。
※温められる際は電子レンジで15秒~20秒加熱してください。

伝統の手作り

[からし蓮根の製造工程 - 02] 蓮根を茹でる工程[からし蓮根の製造工程 - 03] からし味噌を詰める工程[からし蓮根の製造工程 - 04] 揚げる工程

からし蓮根は、肥後藩の「健康食」一子相伝としてその製法は代々受け継がれてきました。「森からし蓮根」では当時の味をそのままに、一つひとつ丁寧に手作りで仕上げています。上質の原材料と手間隙かけた手作りの良さとがあいまって、絶妙な辛さとシャキッとした歯ざわりに育ってゆきます。

森からし蓮根の歴史

森からし蓮根 本店

寛永九年、熊本城主として肥後入りした肥後細川家初代の忠利公は常日頃弱体だったので、これを心配した禅僧玄宅和尚(豊前邪馬渓羅漢寺)が増血剤としての効力のあるレンコン食を進言しました。そこで藩の賄方をしていた当店の先祖平五郎(当時二十四才)が熊本名産の麦味噌の中に和がらし粉を混ぜて、これを蓮根の穴につめ麦粉、肥後の空豆粉、卵の黄味を混ぜ合わせた衣をつけ、菜種油で揚げたからし蓮根を造形し差し出した所常食され、それ以来忠利公は剛健になられ大層よろこばれて、ほうびとして脇差ひと振、小判拾枚その上苗字帯刀を許され藩の珍味栄養食となり、明治維新まで門外不出となっていきました。

レンコンがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


お中元 ギフト 2020 熊本名物からしレンコン 元祖 森からし蓮根(2本箱詰) 辛子蓮根 プチギフト ギフト 熊本 お土産 おつまみ 珍味(おつまみ) 郷土料理 お取り寄せ グルメ 惣菜 冷蔵


元祖 森からし蓮根 からし蓮根 中2本箱 280g×2

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元祖 森からし蓮根|江戸時代の味をそのままに伝統の手造り一筋。自社のネット通販
熊本の名物からし蓮根の味を江戸時代より代々受け継いできた老舗森からし蓮根のホームページです。お土産に、お世話になった方に、四季のごあいさつに…。手造りの味を是非ご利用下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました