スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品一湖房の合鴨のロース煮!

▶ お肉
一湖房 絶品合鴨ロース煮

合鴨とは

アイガモ(合鴨)とは、野生のマガモとアヒルとの交雑交配種のことを言いますが、アヒルはマガモを品種改良した家禽品種で生物学的にはマガモの1品種であり、その交配であるアイガモもまたマガモです。「マガモ」「アヒル」「アイガモ」という呼び変えは生物学的なものではなく、歴史的伝統による慣例や認識か、あるいは商業的な理由によるものです。

特徴として、マガモとアヒルの交雑個体では羽色や外観は野生のマガモと類似します。特に欧米や日本で狩猟用のおとりに用いられます。また、愛玩鳥として飼養する場合もあります。日本ではアイガモの名は食肉用としてよく耳にしますが、本来のアイガモは交雑種である為、家禽であるアヒルに比較すると体が小さくなり肉量が少なくなります。他にも繁殖力が劣っており、かつ成長に時間がかかるといった欠点を抱えている為、実際に食肉用に飼養されるケースは殆どありません。合鴨肉は鴨肉に比べると一般に脂身が多く、赤身は癖がなく柔らかいのですが味はやや薄いです。

日本では1990年代頃から合鴨を水田に放して雑草を食べさせ除草剤の使用を減らす合鴨農法が行われています。人間によって作られた野生に存在しない雑種の為、放鳥などは固く禁じられており、合鴨農法のシーズン終了後は食用とされます。マガモとアヒルの交配種の他、カルガモとアヒルとの交配種も利用されますが、それらも合鴨農法と纏めて呼ばれています。

最高の合鴨ロース

「プレミアム合鴨ロース」は通常の合鴨ロースと同じ環境・期間・育てた中で、一回り大きく育った合鴨(生命力が他より勝っていた証拠)を使った合鴨ロース煮です。調味料等もこだわり、特製の「粉山椒」が付いています。この合鴨ロースを美味しく食べるポイントは、いつもよりも「厚め」に切ってみて下さい。一湖房の合鴨ロースは、相当厚く切っても柔らかいので噛み切れないことはありません。厚めに切って食べると、特にプレミアム鴨ロースは肉の旨みを噛みしめることが出来て、美味しさが倍増します。更に、漬込まれた出汁と粉山椒をかけて食べてみて下さい。日本酒やワインともとても相性が良く、家でもお土産でも最高に楽しむことが出来ます。

こだわりのポイントは、少し厚めに約8mmくらいを目安にスライスするのがオススメです。また、合鴨ロースに少しアレンジを加えると、更に美味しく食べることが出来ます。オススメは白髪ネギを巻いて、「すだち」や「かぼす」をさっと振りかけて食べると、シャキシャキの歯ごたえとさっぱり味がプラスされて、一味違う美味しさになります。また、プレミアム鴨ロースには「粉山椒」が付き、お酒のオトモにもぴったりな一品が楽しめます。

全てに愛される味作りを目指す

店頭

秀吉ゆかりの地、近江長浜は「浜ちりめん」の産地としても知られるところで、かつてこの地で呉服商を営んでいた「一湖房」の先代が、京都の得意先まわりの際に持参したのが祖母のつくった鮎の佃煮でした。この素朴なふるさとの味は手土産として先様に大変喜ばれ、やがて「あの鮎を分けてくれないか」というお声を頂くまでになりました。そんな嬉しいご要望にお応えしたのが「一湖房のあゆ」です。「一湖房」の歴史は、湖でとれる粋のいい鮎だけを炊きあげるこの佃煮から始まりました。

このように古くから琵琶湖での漁が盛んだった湖北地方では、魚用の網に掛かった鴨を川魚屋が商いとして扱っていました。こうして冬になるとかつての長浜の港に良質の真鴨が並んだことから、湖北は鴨の本場として知られるようになりました。今では鮎をしのぐ評判をもらうまでになった「一湖房の鴨ロース」は、長浜の鴨料理の老舗「鳥新」よる指導を仰ぎ、選りすぐりの材料で納得いくまで味を追求した渾身の逸品として、多くのお取り寄せをもらっています。店名の由来通り「湖」の地から届る鮎や鴨が「房」のごとく広がりをみせ、全ての人に愛される味作りを目指して日々努めています。

合鴨がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


一湖房 プレミアム 鴨 ロース 315g だし 180g カモ 合鴨 出汁 ギフト/贈り物/プレゼント/ご贈答/お取り寄せ


一湖房 プレミアム 鴨 ロース 315g だし 180g カモ 合鴨 出汁

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一湖房 オフィシャルサイト【長浜より美味しい鴨ロースをお届けします】
一湖房へようこそ、私たちは厳選した素材を使って、より美味しく安全な品物作りに取り組んでいます。すべての商品が手間隙かけた手作りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました