スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品三輪そうめん小西の鳥居誉!

▶ その他
三輪そうめん小西 絶品鳥居誉

三輪素麺とは

三輪素麺(みわそうめん)とは、奈良県桜井市を中心とした三輪地方で生産されている素麺で、特産品となっています。三輪地方は素麺発祥の地とも言われています。奈良時代の遣唐使により、小麦栽培・製粉技術が伝えられたとされています。索餅は、小麦粉と米粉に塩を加えて縄状にした乾麵ですが、詳しい形状は伝わらずに索餅という名から素麺や饂飩よりも太いとの推定もされています。奈良時代には索餅は米の端境期を乗り越える夏の保存食であり、長屋王邸宅跡(奈良市)から出土した木簡の記載が最も古い記録です。「正倉院文書」にも平城京での索餅の取引きの記録が残っています。伝説では、大和三輪において紀元前91年(崇神天皇7年)、大物主命の五世の孫である大田子根子命が大神神社の大神主に任ぜられ、その十二世の孫である従五位上大神朝臣狭井久佐の次男穀主が飢饉と疫病に苦しむ民の救済を祈願したところ、神の啓示を賜り三輪の地で小麦を作り、素麺を初めて作ったという話があります。

製法と特徴は、店舗で売られている「神杉」「緒環」「誉」があり、同値だと銘柄により分量に差があります。原料に小麦粉を使い極寒期に手延べ法により精製したもので、腰のしっかりした煮くずれしにくい独特の歯ごたえと舌ざわりの良さが特徴です。製造から1年以上寝かしたものを『古物(ひねもの)』、2年以上は『大古(おおひね)』と呼ばれ珍重されます。本来国内産の麦はグルテン量が少なく細く作ることには不適なことから、外麦が常態となった近現代で初めて今のような細さが実現出来たと考えられます。

三輪に本社を置く各企業が作る素麺と、生産者の団体「奈良県三輪素麺工業協同組合」が取り仕切る素麺の2つがあり、工業協同組合は三輪で作られたものでしか「三輪素麺」と呼べないとし、鳥居のマークをその依りどころとしました。また、組合として各企業に工業組合員生産の素麺を仕入れるように依頼しています。その為、各メーカーは自社で作る三輪素麺とともに、組合を通した素麺も販売しています。

初代から変わらぬ製法

創業100年を超える伝統ある三輪そうめん小西のそうめん作りは初代から受け継がれてきた伝統の製法は今も変わりません。麺匠の卓越した技術とノウハウに培われた独自の「手延べそうめん」は本物志向の超高級素麺として全ての人に高い支持を得ています。選び抜かれたこだわりの素材から生まれる素麺は本物を追求する精神で、大三輪山の麓の水を使用し、麺匠が選び抜いた厳選された粉を使用しています。

また、いくら代々受け継がれてきた伝統の製法といっても素材が良くなければ本当に美味しいそうめんは出来ません。三輪そうめん小西では本物のそうめんを味わってもらう為に、素材にも徹底したこだわりを追求しています。三輪そうめんの中でも選ばれたブランド「鳥居」「杉鳥居」は、昭和初期、三輪そうめん組合が登録商標を申請し、2つの鳥居を取得しました。そうめん組合員だけに授けられる全国的なそうめん「三輪そうめん鳥居」と、技術と伝統がある三輪そうめん小西にだけ授けられた「三輪そうめん杉鳥居」です。本場三輪そうめんの中でも限られた、厳正なる審査をクリアした逸品なのです。

「安心・安全」な品質を守る清潔な工場とシステム

「安心・安全」な品質を守る清潔なそうめん工場とシステム

三輪そうめん小西は「安心・安全」な品質であるからこそ美味しいという理念を持ち、最新設備を備えた清潔な工場とシステムを確立させています。世間では食の問題が色々と取りざたされる中、三輪そうめん小西はお客第一の精神で、安全と安心、そして本物の味を追求するという姿勢を崩す事はありません。

更に、製造に最適な時期に2日間の製造日数を費やし、一本一本丁寧に作られる素麺は昔から変わらず守られてきた伝統の手延べ製法で、強いコシとなめらかな喉越しが特徴の鳥居印は、三輪素麺組合員しか製造できないブランドです。三輪素麺組合指定小麦粉を使用し、麺の旨味を追求しています。

そうめんがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


(送料込み) 三輪そうめん小西 三輪素麺 誉 鳥居ー30


三輪素麺 誉 鳥居-30 50g×20束

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

手延べそうめんの通販|三輪そうめん小西
手延べそうめんの通販なら三輪そうめん小西...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました