スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品サーモン専門店岩松の刺身サーモン塩麴漬け!

▶ お魚
サーモン専門店岩松 絶品刺身サーモン塩麴漬け

塩麴とは

塩麹(しおこうじ)とは、東北地方の伝統的な食品三五八漬けの漬床がそのルーツと言われる日本の調味料のことを言います。三五八漬けが塩、米麹、米を3:5:8の割合で混ぜて野菜や魚の漬物床とするのに対し、米抜きでより発酵・熟成させて作られます。古くは本朝食鑑の鱗部の巻「鰯」の箇所に「或有甘塩者有糟漬者有塩麹漬者号曰黒漬」という下りがあり、「塩麹漬」という文字列が見られます。この後長らく「塩麴」に言及した資料は見当たりませんが、2001年になって、料理漫画「おせん」の中で塩こうじが紹介されています。

2007年、大分県佐伯市の糀屋本店浅利妙峰が漬け床ではなく、調味料として使う塩糀料理のレシピをブログや本で広めたのが呼び水となり、2011年後半頃からさまざまな利用法で人気を博すようになりました。塩麹を利用したさまざまなレシピが書籍や料理教室で公開されており、最近では乾燥タイプや液体タイプも登場しています。

作成方法の例として、塩と麹を合わせ、塩50g、麹150g、その後、水200ccを加えてよく混ぜます。重量比で塩:麹:水=1:3:4が基準量となります。塩濃度は12%で、好みに応じて加減出来ますが、下げすぎると調味機能や保存性が低下します。米麹を良くほぐして塩と混ぜ、全体を馴染ませます。水を加え、1週間から10日程度室温で保存し発酵させます。1日1回空気に触れさせるように混ぜると、塩味に米麹の甘さが加わり甘塩のような風味が増します。料理をするときは、食材の重さの10%の塩麹を加えます。料理食材の塩分は、ほぼ血液の塩分と同じ1%ほどになります。肉や魚を漬けると、食品中のデンプンやタンパク質が糖やアミノ酸に加水分解され、うまみが増します。野菜や魚、バゲットなどにかけ、そのまま提供する場合もあり、スープやソースの隠し味に利用されることもあります。

脂乗り抜群のサーモンを使用

サーモン専門店岩松の看板商品である「刺身用トロサーモン」を一口大にし、塩麹(新潟米使用)に漬けました。味にコクとまろやかさが加わった逸品です。ゆずの風味がさわやかで、後味がよいのが特徴です。炙りサーモンにしたり、野菜を入れてボリュームたっぷりの汁物(三平汁など)にしても美味しく食べれます。もちろんそのまま生でも食べられます。

刺身用トロサーモンは、チリ産のトラウトサーモンです。ミネラル豊富な雪解け水が注ぐチリの美しい海で育ったトラウトサーモンは脂乗りが抜群です。塩麹は、新潟米使用しています。新潟の老舗味噌店の協力のもと作りました。 化学調味料、着色料、保存料などは不使用なので、安心して食べることが出来ます。

創業120年 日本海・新潟の魚屋

トラウトサーモン お店で一つ一つさばいています。新潟県三条市 チャレンジャー内に出店しています

新潟市西区内野町と三条市チャレンジャー内に実店舗があります。米、酒、鮭がおいしい新潟から、安心・安全・おいしい魚をお届けします。

サーモンがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


刺身サーモンの塩麹漬け 250g 送料無料 サーモン塩辛 お取り寄せグルメ


岩松水産 刺身サーモン塩麹漬け 250g

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トップページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました