スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品銀座梅林のカツ丼の具!

▶ お肉
銀座梅林 絶品カツ丼の具

カツ丼とは

カツ丼とは、丼鉢に盛った飯の上にカツ(およびその他の食材)を乗せた日本の丼料理のことを言います。日本国内において最も一般的なカツ丼のスタイルは、「豚カツとタマネギを醤油味の割下で煮込み、卵とじにして米飯にのせた料理」です。

日本全国で提供されている豚カツを卵とじにした料理のほか、タレや餡、ソースなどをかけたり浸み込ませた豚カツや、その他のカツレツを用いた丼料理がご当地グルメや独自商品として各地で販売されています。ご当地グルメの場合、「○○カツ丼」のように地域名や特徴を冠して呼ぶのが通例です。

多くの場合、カツ丼のカツにはトンカツを使用しますが、ビーフカツ、チキンカツ、メンチカツ、海老カツといったカツを使用したカツ丼も存在し、それぞれ「ビーフカツ丼」「チキンカツ丼(卵綴じ限定で「親子カツ丼」と別呼称される)」などと呼ばれ、牛肉料理や鶏肉料理の専門店では、これらを単に「カツ丼」と呼ぶこともあります。とんかつ専門店のほか、一般の食堂やレストラン、そば屋、うどん屋、弁当屋など、さまざまな場所で提供される和食・日本料理です。カツ丼は丼物の中でも人気上位にランクされており、外国人にも受け入れられやすい日本食の一つです。

こだわりの食材

「豚肉」

良くしまった、やわらかな肉質と、ジューシーでさっぱりした味わいが特徴の、鹿児島産の黒豚など、豚肉を厳選。元祖ひと口カツはもちろん、ロースカツでは、たっぷり堪能することが出来ます。

「パン粉」

豚肉の味を損なわない、糖分をおさえた「とんかつ」に最適の生パン粉を日本でいち早く開発しました。サクサクした食感だけでなく、揚げ上がりの剣立ちの美しさにも注目ください。

「揚げ油」

お年寄りから子共まで、安心してお食べることが出来るヘルシーな「綿実油」を主にした特製油を使用しています。特注の鍋で、職人がきめ細やかな温度調整をして、最適な揚げ上がりを心がけています。

「カツ丼のたれ」

そば処のかつお節ベースとは異なり、豚肉のすじ肉と玉ねぎをじっくり煮込んだスープで、関東風甘めのたれに仕上げています。新鮮なとろとろの卵とのコンビネーションをお楽しみください。

銀座で初めてのとんかつ専門店

銀座梅林は昭和2年(1927年)、銀座で初めてのとんかつ専門店として開店しました。創業者は銀座でとんかつ専門店を始めるにあたり、それまで一枚に開いて揚げていたヒレカツを一口サイズにした「ひと口カツ」や、従来のソースに飽きたらず、とんかつに合った独自の「中濃ソース(とんかつソース)」を考案しました。カツ丼のタレも一般的なカツオだしではなく、豚肉とたまねぎから取った特製スープを使用したタレを開発し、今の銀座梅林の礎を築きました。

その後も食パンにカツをはさんだ「ヒレカツサンド」、卵でとじた後に更にもう1つその上に卵をのせた、見た目も鮮やかな「スペシャルカツ丼」など、数々のアイディアと独自性で銀座梅林を世の中に広めました。開店以来、初代と親交のあった講談師の五代目一龍斎貞丈師から贈られた色紙に描かれている「珍豚美人(ちんとんしゃん)」は、銀座梅林の愛称として、今日も多くのお客に親しまれています。

2005年12月には羽田空港第一ターミナルビル地下1階のフードコート「東京シェフズキッチン」にブースをオープンし、さらに2007年5月、三代目の代になり日本の伝統的食文化である「とんかつ」を世界へ広げる第一歩として、ハワイ・ワイキキに店をオープンしました。その後、シンガポール、香港、上海、ソウルへと進出し、日本の食文化の普及に日々努めています。

カツ丼がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


銀座梅林 カツ丼 の具 16食 / 送料無料 レンジ 冷凍食品 冷凍 冷食 おかず かつ丼 どんぶり 丼 とんかつ 豚カツ おいしい 美味しい 簡単 お手軽 カット 老舗 夜食 夕食 昼食 柔らかい 【TBSショッピング】


TBS公式 / 銀座梅林 カツ丼の具 16食セット

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とんかつ 銀座梅林

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました