スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品タナカショクの百一珍!

▶ その他
タナカショク 絶品百一珍

創業当初から豆腐製造にイオン水を使用

創業者は、高知市内でトマトなどを育てる専業農家でした。 マスクメロンの栽培方法を学ぶために静岡に訪れた際、宿泊した旅館の自家製豆腐の美味しさに驚き 製法を聞いたところ「イオン水」を使っているということを知りました。 以前、体調を崩した際にイオン水を飲用することで復調した経験があり、イオン水の可能性を再認識。「この水を使えば、本当に安全で美味しい豆腐が出来る」と確信し、イオン水を豆腐製造の全工程に導入した工場設立に着手し、 豆腐製造業として営業を開始しました。自然の力で大豆の酸化を抑制し、風味を引き出すタナカショクの豆腐は、創業当初から評判を呼びました。

地下30メートルから汲み上げた湧き水を、自社工場でイオン水に。自然の湧き水を自社でイオン水とするため専門家と共に調査を進め、 工場設立予定地に水脈を発見しました。地下20メートル地点で4メートルにも及ぶ岩盤に突き当たり苦労しましたが、何とか念願の地下水を手に入れることが出来ました。現在でもタナカショクの全ての商品に使用されるこの湧き水は、 四国全域が水不足となった際にも枯れることなく、タナカショクの豆腐づくりの基礎となっています。

現在では、豆腐づくりにおけるイオン水の効能は広く知られることとなり、多くの豆腐メーカーが加水や梱包時にイオン水を使用しています。しかし、豆腐製造のすべての工程でイオン水を使っている企業は、百一珍だけではないかと考えています。大豆の水洗から、浸漬、粉砕、煮沸、梱包に至るまで徹底してイオン水を使用しており、大豆の美味しさを引き出す豆腐づくりにこだわっています。

1996年9月に室戸海洋深層水を使った商品開発に着手し、翌年5月には深層水を使ったもめん豆腐と絹ごし豆腐を同時に発売し、同時に製法特許を出願。全国紙やテレビ、ラジオ番組で取り上げられる等、注目しました。1999年には製品・製法特許を取得し、以後「深層水豆腐といえばタナカショク」と多くの方に知ってもらっています。また、高知工科大学の連携研究センターと共同で海洋深層水を使った様々な商品開発の可能性を探る取り組みも行いました。

安心と美味しさの決め手となる豆選び

タナカショクでは、生産者の顔が見える安全で安心な商品を届けたいという想いから、豆腐に使用する大豆は、国産の大粒大豆・フクユタカと、厳格な管理方法を義務付けられているカナダ産IP大豆を使用しています。

「国産フクユタカ」

タンパク質の含有量が高く、深層水と相性の良い大豆を探して全国から取り寄せた様々な品種の大豆で試作を行った結果、現在では佐賀と高知のフクユタカを使用しています。

「カナダ産IP大豆」

IP大豆とは、生産から流通に至るまで厳格な分別管理を行い、安全性が保証された大豆です。タナカショクでは、州を上げて有機栽培とIPに取り組んでいるカナダのケベック州・オンタリオ州産の大豆を取り寄せています。

四万十の大豆と高知の素材

「美味しい」「クセになる味」「お酒に合う」「こんな豆腐は初めて」「フォアグラみたい」と試食をした皆が一同に驚かれる豆腐で作った珍味が百一珍(ひゃくいっちん)です。 特別な製法で作り上げた百一珍は、醤油ベースの秘伝のタレが醸し出すコクと香り、深い旨みとチーズのようななめらかな舌触りが特長で、販売開始直後から反響をもらっています。味の決め手となる食材は、地元高知県で作られた厳選素材です。

伝統と挑戦に挑む会社

昭和40年の創業以来、経営理念である「安心とおいしさ」をテーマに技術の向上、自然環境への配慮、商品開発への姿勢をかたくなに守り続けてきました。一方、この経営理念と素材の良さを活かした新しい商品開発にもチャレンジしています。豆腐は、日本が世界に誇る歴史ある健康食品です。伝統的な味にさらに磨きをかける一方で、これまでの豆腐に対する概念を打ち破る発想で商品開発に挑戦しています。これからも地域の健康を担う企業としての誇りと責任を持ち、安全・安心でおいしい豆腐を消費者の方々に届けたいと考えています。

人を愛し、環境を愛すタナカショクは、創業以来、食に携わる企業の姿勢として「安心とおいしさ」にこだわってきました。そして、作り手として大切にしていることは、豆腐を食べていただく人、大豆や水を与えてくれる自然環境への感謝を忘れないこと。その理念を「人を愛し、環境を愛す。」のスローガンに込めています。

豆腐づくりに欠かせない、作り手の心を基本的な姿勢として、「自分で食べて美味しいもの」をお客に提供するという考えのもと、日々の業務に取り組んでいます。 また、製造から販売まで部署を超えた協力体制を取っており、お客に気持ちよく商品を提供できるよう社員同士のコミュニケーションを大切にしています。その結果、商品のみならず清掃や挨拶についても、お客に褒められています。

高知の山、森、川、海。地球環境への感謝を行います。豆腐を作る工程では必ず排水が出ますが、その水は大地に染み込み、川に流れ、循環していきます。 タナカショクでは、排水基準を設け、工場内の浄化槽で排水を処理しています。また、おからは商品として販売するほか、酪農家に飼料として使ってもらうことで産業廃棄物とならない工夫をしています。

豆腐がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


タナカショク 百一珍 ギフトセット 5個


土佐伝承豆腐 百一珍(ひゃくいっちん)ギフトセット

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社タナカショク|「伝統と挑戦」高知のこだわり豆腐
高知の豆腐製造会社 タナカショク の公式サイトです。豆腐づくりのこだわり、商品紹介、お豆腐レシピの他、おつまみ豆腐百一珍を紹介しています。高知では、「深層水豆腐のタナカショク」と覚えていただいています。深層水豆腐、唐人豆腐、塩二郎豆腐など。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました