スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品佐嘉平川屋の温泉湯豆腐!

▶ その他
佐嘉平川屋 絶品温泉湯豆腐

大豆について

とても良質なたんぱく質を持っている大豆は豆類の中でもタンパク質を最も多く、しかもアミノ酸の組み合わせが動物タンパクによく似ていることから、「畑の肉」とも称される非常にすぐれた栄養食品です。

国産大豆の需要状況は、2007年のデータでは日本国内での大豆の需要量に対する自給率は約5%となっており、国産大豆のうち約8%が佐賀県で収穫された大豆となっています。また、日本国内で市販されている豆腐や揚げ類のうち、国産大豆を使用した物は 約25%となっており、残りの75%は海外(主にアメリカ)から輸入した大豆で作られています。

佐賀県農業の位置づけとして、佐賀県における耕地面積の割合は、県全体の総面積の22.1%を占めており、総面積では北海道の約34分の1の広さしかない佐賀県で、収穫量第1位の北海道でとれる大豆の約3分の1の量を生産しています。

畑を肥やす大豆の働きとして、植物の栽培には通常三大要素といわれる窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)が肥料として必要になります。大豆を含むマメ科の根粒を持った植物は、根粒菌の働きによって自ら肥料を作り出すことが出来るという不思議な力を持っています。根粒菌は、植物からリンゴ酸などの効率のいい栄養分をもらって生活の場を提供して貰う代わりに、空気中の窒素をアンモニアに変換し、最終的には植物が吸収できる硝酸塩という窒素化合物に転換(窒素固定)します。植物としての大豆は、窒素固定能力をもった根粒菌を根に宿すことによって、自らが十分な量の窒素分を吸収し、豊富なアミノ酸を生産することが出来ます。そのため種子である大豆には、他の植物には見られないような豊富なタンパク質を含有させることが可能となっています。

佐嘉平川屋の豆腐は佐賀県産大豆を使用しており、地元の農家の人たちが大切に育てた栄養たっぷりな「佐賀県産大豆」を使用し、素材本来の美味しさを届けています。

温泉湯豆腐とは

日本三大美肌の湯として知られる九州の名湯、嬉野温泉の名物で調理水を用いて湯豆腐にすることにより豆腐が溶け出し、汁が白濁してやわやわと淡雪のような優しい食感が楽しめます。

温泉湯豆腐はなぜとろけるのかは、嬉野温泉名物の温泉湯豆腐はただの湯豆腐ではありません。豆腐を鍋で煮るのは湯豆腐と同じですが、温泉湯豆腐の場合、鍋の中に入っているのはお湯ではなく温泉水です。するとコトコト炊いているうちに、豆腐の表面が溶け出して温泉水は豆乳のように白く濁ってきます。角のとれた豆腐は食感も味わいも一段とまろやかになります。白濁した温泉水はコクがあり、一緒にすするとさらに深い味わいとなります。

とろける秘密は、嬉野温泉のお湯です。佐賀県の嬉野温泉は、肥前風土記にも登場する歴史ある温泉で、江戸時代には長崎街道の宿場町として栄えたところです。ぬめりのあるお湯はナトリウムを多く含む重曹泉で、近年この弱アルカリ性のお湯が角質化した肌をなめらかにするとして、斐乃上温泉(島根)と喜連川温泉(栃木)と共に「日本三大美肌の湯」に選ばれ、注目を浴びています。実はこのつるつるすべすべの美肌の湯が温泉湯豆腐の生みの親で、弱アルカリ性の温泉水が豆腐をとろとろにとろけさせるのです。

温泉湯豆腐は江戸時代から親しまれてきました。この温泉湯豆腐は、長崎街道(江戸時代に整備された脇街道の一つ)の宿場町時代にはすでに旅人に供されていたそうです。現代の話でいえば、温泉が配管されている温泉街中心部の家々では、湯豆腐といえば温泉湯豆腐のことで、とろけない湯豆腐を見て反対に驚いた人もいる程です。佐嘉平川屋では、温泉湯豆腐用により溶けやすくよりふんわりとした食感が楽しめるように工夫した木綿豆腐を、温泉とうふ用調理水とセットで販売しています。まずは添え付けの胡麻だれで食べ、あとはお好みでぽん酢、醤油、さまざまな薬味で食べてみて下さい。魚介類や野菜を入れても美味しく食べれます。

豆腐作りを支える想い

有明海に面した肥沃な大地が広がる佐賀平野で、日本でも有数の大豆生産地で豆腐作りに適した大豆が豊富に作られています。佐嘉平川屋では、この大地で育った大豆を使用し、その日その時の状態に合わせて職人が手を加えます。そして、大豆の力を最大限に引き出しながら日々豆腐を作っています。佐嘉平川屋の豆腐作りを支える想いは、佐賀県各地で地元の方々に親しまれてる多彩な豆腐文化を、多くの皆に楽しんで頂くことです。佐嘉平川屋は、これまでに育まれてきた豆腐文化を継承し、より多くの皆へ大切に届けます。また、新たにこの大地に根付く未来の豆腐文化の創造にも取り組んでいます。

湯豆腐がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


九州 ギフト 2020 佐嘉平川屋 温泉湯豆腐(4〜6人前)【A-30】【美味しんぼ98巻にも登場】【佐賀土産】I80W02【冷蔵】


【ふるさと納税】TKA9-R017 佐嘉平川屋温泉湯豆腐(3〜5人分)


佐嘉平川屋 温泉湯豆腐 4~6名様用

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

創業昭和二十五年 九州・佐賀 | 佐嘉平川屋
創業昭和二十五年、地元 佐賀県産の大豆にこだわり 匠の技で仕上げる本格派豆腐 温泉湯豆腐・佐嘉おぼろは 佐嘉平川屋の代名詞

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました