スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品下鴨茶寮の至高の昆布!

▶ その他
下鴨茶寮 絶品至高の昆布

ふりかけとは

ふりかけ(振り掛け)とは、主に炊いた米飯にふりかけて使う粉末状・粒子状あるいはそぼろ状の調味料的副食物のことを言います。食事に際して調理するのではなく、作り置きの常備菜に類するものを指すことが多く、商品化された市販品の種類も豊富です。ご飯に振りかけて食べるのが名前の由来であることから、赤飯などで使うごま塩や、梅干しを漬けた後の赤紫蘇を乾燥させて細かくしたものもふりかけの仲間に入ります。他にも、ふりかけた後にお茶をかける「お茶漬けの素」や、ふりかけた後ご飯に混ぜ込んで使用する「おにぎりの素」などに、ふりかけとほぼ同じ製法のものがあります。

一般的なふりかけの製法は、原料を粉砕し調味料で味付けしたあと完全乾燥し、他の具などを混ぜ合わせフレーク状に仕上げます。ほとんどの商品では、味の中心となる具に海苔とゴマが加えられており、最近では風味が豊かなことからフリーズドライの原料を用いることもあります。また、すべての原料を細かくほぐし、味付けして混ぜ合わせただけのものもあり、これは生ふりかけと呼ばれています。生ふりかけでは、ちりめんじゃこ・ワカメ・昆布・魚のそぼろなど海産物を使用している割合が高いです。

起源をたどれば、ふりかけの始まりは遅くとも鎌倉時代にさかのぼり、鯛・サケ・サメの肉を細かく切り塩干しにした「楚割(すわやり)」、「はなかつほ(花鰹)」すなわち削り節の名が見出されています。これら飯にかけるふりかけの先行者としては、ほかに佃煮や田麩の名があげられます。現代風のふりかけは、美味滋養を目的として大正時代から昭和初期にかけていくつかの企業で考案されたと言われており、業界団体の全国ふりかけ協会では熊本県で売り出された瓶入りの「御飯の友」という商品を、ふりかけの元祖として認定しています。

京ものコンクール2017「グランプリ」受賞

ご飯がすすむ、昆布の旨味を引き出した2つのふりかけです。

卵かけ昆布は、北海道産の天然真昆布を粒状に裁断し、醤油で炊き上げたのちに3日以上かけて乾燥させ、卵かけご飯と抜群の相性に仕上げました。おすすめの食べ方は、まず炊きたての白飯に卵かけ昆布をふりかけ30秒ほど蒸らします。最後に卵黄をご飯に落とし、箸で卵黄を崩して食べて下さい。

昆布ふりかけは、北海道道南産がごめ昆布・塩昆布を贅沢に使い、干しえび、ごまの香ばしさ、そして山椒の香りを絶妙に調和させたふりかけです。おすすめの食べ方は、そのまま炊きたての御飯にはもちろん、お弁当やお茶漬けに入れても特有の粘りやとろみを楽しむことが出来ます。

歴史と伝統に彩られた老舗

創業安政三年(1856年)。歴史と伝統に彩られた老舗の看板は、変わるものと変わらないものを見極めながら、永きに渡り積み上げてきた礎であります。下鴨茶寮では、京都だけが持つ独自の文化や美しさを、料理やおもてなしの心を通じて、世界中に発信していくことを信条としています。料理、サービス、空間の全てが京都という名のもとで、見事に調和した時間を存分に楽しむことが出来ます。下鴨の地に掲げるのは、160年近く続く京料理茶懐石ののれん。館内に足を踏み入れると、出迎えするのはおもてなしの心と、歴史を彩る見事な調度品の数々です。下鴨茶寮では、創業以来、滔々と流れてきた時間を体感してもらうことがおもてなしのテーマだと考えています。

おもてなしに大切なのは、客人を想う強い気持ちです。創業以来、その教えを守り続けている下鴨茶寮では、接客に並々なるぬ想いを注いできました。京都ならではのホスピタリティが、皆の滞在時間をより一層印象深いものにすることを約束しています。

ふりかけがお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


至高の昆布《京都 料亭 ギフト 内祝い 出産祝い 結婚内祝い プレゼント 還暦祝い お返し 中元 歳暮 喜寿 祝い ギフトセット お土産》


至高の昆布

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都 料亭 茶懐石、京料理なら創業安政三年の下鴨茶寮
茶懐石、京料理なら1856年創業の下鴨茶寮。京&#37...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました