スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品三協畜産のあか牛のサーロインステーキ!

▶ お肉
三協畜産 絶品あか牛サーロインステーキ

「あか牛」甲誠牛とは

甲誠牛とは_あか牛

あか牛とは、和牛の中の「褐毛(あかげ)和種」という品種を指します。無駄な脂肪分が少なく、まろやかな赤身がとても美味しいのが特徴です。広大な草原やきれいな水、穏やかな気候など、あか牛の飼育に最適な環境が揃っている熊本県は、あか牛の生産量日本一を誇り、全国の生産量の約70%を占めます。

あか牛の肉はタンパク質、ビタミンB1・B2、鉄分、カルシウム、ミネラルを多く含み、肝機能の改善や血圧降下の作用もあると言われるタウリンの含有量も豊富で、美味しさとヘルシーさを兼ね備えた和牛として知られます。のびのびとストレスのない環境で放牧された健康的なあか牛は、肉質も極上で豊かなうま味と適度な霜降りを楽しむことが出来ます。

阿蘇の雄大な自然の中で育てる

甲誠牧場2

甲誠牧場では、阿蘇市一の宮の広大な牧場で約1000頭の甲誠牛を肥育しています。のびのびとストレスのない環境で育った健康的なあか牛は、肉質も極上で豊かなうま味と適度な霜降りを楽しむことができます。

霜降りと赤身の黄金比のあか牛は、時間と手間をかけて育てる自社ブランドあか牛「甲誠牛」です。甲誠牧場のオリジナルブランド牛の甲誠牛は、牧草や藁といった一般的な飼料の他に「ビール粕(かす)」を与えているのが特徴です。

ビール粕に含まれる酵母が牛の腸内を活性化し、健康的な体と柔らかい極上の肉質をつくります。長年の研究を重ねたビール粕配合飼料と、阿蘇の美味しい水で育った甲誠牛は、タンパク質、ビタミンB1・B2、鉄分、カルシウム、ミネラルを多く含み、また、あか牛の特徴であるタウリンの含有量も豊富です。肥育費用はかかりますが、中間業者が存在しない自社牧場なので、安心・安全、新鮮な甲誠牛を安く提供することが可能です。

赤身を堪能する

甲誠牛とは_赤身を堪能する

甲誠牛の最大の特徴は、赤身のまろやかな旨みに尽きます。脂身(霜降り)の甘みや口どけを楽しむ黒毛和牛とは異なり、赤身の肉の味はごまかしが利きません。甲誠牛は、あっさりとした味わいのなかにも、肉本来の旨みを濃厚に感じられるあか牛を丁寧に肥育し、霜降りと赤身のベストバランスを追求して誕生しました。肉のくさみが無く、すっと品のよい素直な香りと共に、まろやかな赤身ならではの美味しさをお楽しみください。旨味と柔らかさ、さらにはヘルシーさを高レベルで兼ね備えた貴重な食材が「あか牛 甲誠牛」です。

目指すは「あか牛一番店」

お肉の販売_肉工房三協本店

三協畜産が誕生したのは1974年。熊本市新町に本社を構え、熊本の自然が生んだこだわりの食材を届けてます。現在では三協グループの中核企業として、自社牧場産のあか牛をはじめ、安心安全な精肉の販売を行っています。また、肉の特性を知り尽くした精肉店ならではの技術で食肉・食品の加工製造も手掛けています。人気商品のあか牛ハンバーグやあか牛丼、平成23年度優良商品賞を受賞した「あか牛カレー」、ハムやウインナー、各種レトルト製品など、様々なプライベートブランド商品を展開しています。

昭和49年の創業以来、熊本市を拠点に食肉・食肉加工品の販売を行っており、より安心安全で美味しい食肉の販売を追求する中で「自分たちで育てた最高のお肉を届けたい」という想いから、平成20年に阿蘇市に牧場(現 甲誠牧場)を設立し、現在では年間約150頭のあか牛(甲誠牛)を肥育しています。

健康な牛の肉は鮮やかに赤い。健康な牛の肉は旨味が濃い。あか牛と共に歩んだ40年以上の歳月で学んだ美味しくて安全なあか牛を提供する為、食肉の品質管理はもちろん、牛が口にする水と飼料にも一切妥協を許しません。これからも常に消費者の皆様のニーズに応えるべく、グループ全社一丸となって努力を続けています。

あか牛がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


熊本和牛 あか牛 サーロインステーキ 2枚■赤牛 褐牛 赤身肉 褐毛和種■贈りもの 贈り物 贈答品 プレゼント ギフトにも■食品 食べ物 お取り寄せ グルメ


熊本県産 和牛 「あか牛」 サーロインステーキ 360g (180g×2枚) ギフト用

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【公式】あか牛の三協グループ
こだわるからこその自社牧場で育てるあか牛!三協畜産ではあか牛や国産和牛、馬刺し等の業務用精肉の卸業務と通信販売を行っています。熊本の台所 田崎市場内直営店にて販売も行っておりますので、近くにお寄りの際は是非お寄りください。毎週日曜日に「日曜市」を開催しております。業務用価格でお安く販売いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました