スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品風来坊の手羽先唐揚げ!

▶ お肉
風来坊 絶品手羽先唐揚げ

手羽先唐揚げとは

手羽先唐揚げ(てばさきからあげ)とは、鶏の手羽先をから揚げにした料理のことを言います。日本各地で食べられていますが、特に中京圏(愛知県名古屋市およびその周辺地域)で多く食べられています。

鶏の手羽先(羽先)をから揚げにしてタレを塗り、塩・胡椒・白ごまなどを振りかけて仕上げ、パリパリとした食感とスパイスの効いた味が特徴で、酒肴として食べられます。中京圏で「手羽先」というと、鶏(肉)の部位ではなく、この料理の事を指す場合が多いです。類似するアメリカ料理として、バッファローの名物料理、バッファローウィングがあります。鶏手羽を素揚げしたものにカイエンペッパーソースとバターを絡めます。

何本食べても飽きない味

風来坊が指定する手羽先の肉質・重量・重さ・長さは、昔から変わりません。肉質のジューシーさを残し、表面はパリッと2度揚げしています。熟成タレを隙間なく塗りつけ、特選塩コショウで仕上げゴマをふる。皿の盛り付けは、手羽先の右と左をそれぞれ分けて皮面を下に肉面を上にして扇形に並べ、細切りキャベツにパセリを添えます。さらに4種類の食べ方で、何本おかわりしても飽きません。

手羽先唐揚の誕生以来、その美味しさは盛り付けから食べ方まですでに完成しており、その調理方法も全部、風来坊から生まれました。おやつにお食事に、こどもからお年寄りまでみんなで美味しく楽しめます。

はじまりは常連客に出した隠しメニュー

昭和38年、一人の男が北九州小倉から名古屋に来て、この男の手によって「手羽先」物語が始まります。「風来坊」の一歩もこの時始まり、前職の飲食店で客に請われるまま、メニューにない鶏の唐揚げを出したところ大いに喜ばれた為、それが第一歩になります。

唐揚げにタレをつける、ただそれだけのことですが、この発想が後に爆発的な人気を呼ぶ 「手羽先の唐揚げ」を生むことになります。唐揚げに独特の香味を醸す絶妙のブレンダー。そのタレをどうやって創り上げるか、それがテーマとなりました。鶏料理の本場といわれる九州で磨いたタレを身につけ名古屋に記念すべき第1号店を開きました。この店で空前のヒット商品となる「手羽先の唐揚げ」が生まれ、後に各地へと展開してゆく「風来坊」のファミリーチェーンを展開していきました。

手羽先がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


【ご注文殺到中〜!】名古屋名物 風来坊元祖手羽先唐揚 5人前


名古屋名物手羽先唐揚げ 5人前

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風来坊【公式】元祖手羽先唐揚!名古屋名物をどうぞ
名古屋を中心に全国展開する、元祖手羽先唐揚「風来坊」チェーンの公式サイトです。全店舗案内やメニュー紹介、こだわりや手羽先の食べ方などをご紹介しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました