スポンサーリンク

自宅で食べれる絶品四季食彩萩の生さば寿司!

▶ お魚
四季食彩萩 絶品生さば寿司

寒流の日本海は旨い魚の宝庫

全長なんと45cm以上、大ぶりの鯖を市場に並んだその日に料理をします。45cm以上の大ぶりの鯖を市場に並んだその日のうちに調理するのがこの「生さば寿司」。越前・若狭の獲れたての新鮮な鯖をたっぷり1本以上使用して作ります。分単位でしか塩・酢〆していない為、新鮮なお刺身を食べているような生の食感が味わえます。地元でしか味わえなかった生さばが自宅で堪能出来ます。

北陸の鯖は、その殆どが「地産地消」つまり流通しません。日本海の冷たい水で育ったその身は夏でもたっぷりの脂を抱き、臭みのない極上の身が古来より「生」で食されてきました。真夏の鯖でも目で脂の筋「サシ」が確認できるほど北陸の鯖は1年を通して脂が乗ってます。冷たい水で育った鯖だからこそ甘味がある身になるのです。

食べやすく、風味よく。青魚特有の生臭みをとる為の一手間を惜しみません。四季食彩萩の「生さば寿司」は生臭くないと評判をもらっています。理由は、生臭みの元・血合いを可能な限り取り除くからなのです。これにより青魚特有の生臭みを極力抑え、食べやすく、風味がよくなるのです。旨さの為、食べやすさの為の一工夫です。

300年の酢

偽りなしの本物の米酢

創業1710年(宝永7年)実に約300年「酢」一筋の「とば屋酢店」の酢を使用しています。創業以来、一貫して手作りに徹した「職人」の技から生まれる「米酢」です。四季食彩萩では、この「米酢」と「穀物酢」を調合して寿司酢にしています。酵母が自然に酢を作り出すまでじっくりと寝かせた、偽りなしの本物の米酢です。まろやかな酸味が特徴です。

海の恵み越前塩

ミネラル豊富な海から天然の贈り物

日本海の海水から作る「越前塩」。精製塩とは違いミネラル分が豊富に入っている為、舐めるとほんのり甘味があります。「丸い味」の天然塩です。越前海岸の海水をそのまま鍋で濃縮・乾燥しただけの「越前塩」は通常の塩の20倍の値段ですが、刺々しくない甘い・丸い味の塩です。ミネラル豊富な海から天然の贈り物です。

雪解け水のコシヒカリ

今時珍しい専業農家の山田さん

米どころ 漆器の里で有名な福井県鯖江市河和田地区。この山間の静かなところで四季食彩萩で使っている米が作られます。福井県発祥の「コシヒカリ」にチカラを入れています。鯖江産のコシヒカリ100%の米を、炊き上げる直前に精米します。生きている米だから旨味が違います。

福井の地から全国へ

懐石料理 萩外観

懐石料理「四季食彩萩」は、福井市下馬(げば)の裏通りにある小さな料理店です。小部屋で3つ、カウンターが6席の小さな料理屋です。お寺をイメージした(つもりの)外観です。コースの一品として生鯖寿司を出していましたが、評判を頂くようになり2004年より「生さば寿司」の地方発送を始めました。以来、鯖寿司を毎年1万本近く地方発送しています。全て従業員たちで一つひとつ、大事に包装しています。昼の営業が終わり次第、従業員総出で発送作業をしています。

1日に作れる数も限られており、だからこそ、全ての商品に目が届き、お客へのお礼状も手書きで届けてくれます。包丁人生、半世紀・厚生大臣表彰・日本調理師会 師範/準名人位の先代が作り上げた「生さば寿司」懐石料理店の味わいを是非家庭でも味わってください。

さば寿司がお好きな方は、是非食べてみて下さい!

 

☆こちらからクリックしてご購入できます☆


[マラソンP2倍][冷蔵]極厚 刺身同然 福井の生さば寿司【通常サイズ】届いたその日が旬の味わい[生鯖寿司お取り寄せの萩]プレゼントに!


極厚 福井の生さば寿司醤油漬け ・通常サイズ:福井一、鯖を扱う料理店の押し寿司

★公式サイトはこちらから★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さば寿司・鯖寿司【四季食彩 萩】着いたその日が賞味期限:
鯖寿司・さば寿司【生さば寿司】着いたその日が賞味期限。包丁人生半世紀、厚生大臣表彰 日本調理師協会 師範準名人位の職人が作りあげた生の鯖寿司

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました